ウサギの季節
JUGEMテーマ:ウサギ

お久しぶりです。

特に書くことがないのですが、現在うちのうさの体調が微妙に悪いです。
特に野菜もご飯もモリモリ食べていてくれたので今年のこの時期は乗り切ってくれるかと思ったのですが、
歳とったからすぐに変調しなかっただけなのかも。

でも、まだ本格的ではないのでこのまま乗り切って欲しいです。
薬もあまりあげたくないので調子あげてって欲しいですね。

皆様のうささんも調子を崩しませんように・・・
うさぎ あれこれ 01:43 comments(0)
うさぎのいい話
JUGEMテーマ:ウサギ
うさかん購入^_^
以前ハピうさで度々講師&アドバイザーをしてくれた鈴木理恵さんが記事の執筆をしています。
今回、「うさぎの不思議な
お話」では、ハピうさ交流会ででたうさ飼いさんのお話が載っています。

このお話が好きで鈴木さんにお会いした時
話したらそれうさかんに載せていい?と言うことでご本人に話し、掲載されました。

軽く書いてあるのですが本人から話しを聞いてた私は記事でもうるっとしてしまいました。
いい話だ〜羨ましいです
楽しい

よかったら
うさぎ あれこれ 01:30 comments(0)
T.Tのつぶやきです
JUGEMテーマ:ウサギ

そろそろ、親睦会を開きたいなあと考えています。
毎年やってますが、夏を乗り切るためにできる事を考えて伝えたいし、教えて頂きたいし。

8月位ですかね・・・

話は変わりますが、東京方面ある地域でウサギが大量に捨てられているようです。
多頭飼育の崩壊か?業者か?と憶測も飛びますが、
ウサギ保護をしている方は去年も同じ場所であったとか・・・
保護した方は、警察に届出住んでいるそうです。

これからまた大変そうです
早く取り締まって欲しいよ、ホントに

またまた、話は変わりますが、今回のうさくらにハピうさ講習会の様子が開催されています。
レポーターさんは読者レポーターさんという形で記事を書いてくださっています。
こういう記事って書くの難しそうですね。
自分が強く感じた事を思いのままに書いてしまうと、内容が偏ってしまうし、
ただ、書き連ねてしまうと締りない面白味のないきじになってしまうし、文字数も制限されるし。

掲載スペースは同じコーナーの中では一番のスペースをとってくださいました。
うさくらさんレポーターさんありがとうございます。
そしてうさくらのハピうさ講習会の記事を読んでくださった方にも感謝です。
うさぎ あれこれ 00:37 comments(0)
捨てうさぎを出さないで
JUGEMテーマ:ウサギ
やっぱり、心配してた通り、暖かくなると捨てうさぎも増えるなあ・・・
ほんと、イラッっとくるんですけど。

ちゃんと、迎えた命と向き合ってよ。
何が不満で一度迎えた命を簡単に切り離せるんだろう。
裏切れるのだろう。
私はうちのこがいなくなる事を考えると耐えられないくらいなのに。

ちゃんと、迎えた命と向き合ってよ。
ちゃんと見てれば、絶対に捨てたり、センターに持ち込んだりなんてできないはずだよ。
捨てたり出来るのはいかにいい加減にしてたかという事。
どんなに綺麗に状態よく飼っていたとしても向き合ってなかったという事だよ。

ちゃんと、迎えた命と向き合ってよ。
向き合うことはそんなに難しい事ではないはずだよ。
適正飼育は人によって違うから一つの言葉では難しいかもしれないけど、
向き合うことは純粋に見つめる事から始まるだけだと思うから知識も準備もなくても始まるものだから。
 
うさぎ あれこれ 01:19 comments(0)
ハピうさ講習会 「現在の捨てうさぎ事情」ご報告
JUGEMテーマ:ウサギ

顔がわからないように極力小さく加工してしまいましたが、写真アップします。

午前中は懇親会だったのでお菓子を囲みながら、ゆるゆるとうさ話に
華を咲かせていました〜



そして、いよいよ藤田さんの講習会です。
皆さん超真面目にディ
ブルの藤田さんのお話に聞き入っていらっしゃいました。

何かあった時”つて”になる、連絡が回る等でウサギを救える場合もある。
出来るだけ「うさぎ飼ってます〜」て声を出してくださいねと、藤田さんは仰っています。

遺棄された子が心を閉ざし、エサを一切口にしなかった。
ショックのあまり食べる事を忘れてしまったのです。
食べさせるために牧草を彼女の前で食べました。
という話は、泣きそうになるのをこらえるので必死でした。

昔は、ネグレクトだろうという状態の捨てうさぎが多かったのに、
最近ではとてもきれいにお世話されていたのに捨てらる子が増えている。
理解できないという言葉も私には衝撃的でした。

そこまで人を好きにさせておいて、
家族として迎えておいて、なぜそんなに無責任に別れることができるのだろう。
まるで、社会の闇を見せつけられるような気持ちになります。



ウサギ達は幸せをいつも望んでいます。
そうはいってもこれからの季節、ウサギを捨てる人が増えることが予想されます。
皆さんは、ウサギを保護したら、まず、保護時点の写真を忘れずに撮ってください。
そして、警察に必ず遺棄の事実を伝えて下さい。(届出をしてください。)

動物の遺棄は犯罪です。
警察に届けないために数に上がらない子たちがいます。
「忘れずに届出を出すことでウサギが捨てられている事実が認知されるのです」と藤田さんは、仰っています。
ハピうさイベント終了レポ 23:55 comments(0)
1/48 >>
ハッピーうさぎフォーラム(http://happy-usagi.com/)からの連絡や情報を書いていきます。コメント大歓迎です
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other